市街地から10分の船で訪れられる博多湾の真ん中に浮かぶ豊かな島

能古島に移住する

akiya01.jpg

空家や売地について

能古島の空家は地権者のご家族の大切な思い出の詰まった母屋です。すべてがすぐに貸し出せたり、譲って頂けるというわけではありません。能古島みらいづくり協議会では、これらの地域資産を有効に活かせるように地権者の方にご相談しながら交渉を進めています。

移住の流れ

能古島は自然環境や住環境の保全のため、簡単には建物が建てられないような区域に指定されています。そのため、地域住民にとって土地や空家は大切な資産です。引っ越されてきた方たちの中には「想像していた暮らしとは違った…」と後悔される方も少なくありません。能古島みらいづくり協議会では能古島の気候風土や住民や町のこと知って頂くための交流会を開催しております。まずはこちらにご参加ください。移住まで1〜2年のお時間を頂く事もあります。

ijyu01.jpg

stepup.jpg

のこのもんステップアップツアーの開催

能古島みらいづくり協議会では、移住を希望されている方に能古島のことを深く知って頂くための交流ツアーを開催しています。開催は1ヶ月に一度程度で、午前中から夕方に掛けて開催します。

・能古島住民と参加者によるワールドカフェ
・昼食&博物館見学
・島の集落のまち歩き
・1日のまとめ、意見交換

▶のこのもんステップアップツアーについてのお問い合わせはこちら

能古島に移り住んだ人の声(準備中)

能古島に移り住み、暮らしている人たちの声をまとめてみました。「能古島ではどんな暮らしが待っているの?」「どんな人たちが住んでいるの?」「子育て環境は?」など実際に移り住み、島での暮らしの経験談を移住計画の参考にしてください。

▶移り住んだ人たちの声はこちら

jyunbtyu.jpg