市街地から10分の船で訪れられる博多湾の真ん中に浮かぶ豊かな島

能古島の暮らし方、楽しみ方

hoiku01.jpg

保育園から小中学校までの子育て環境施設が整っています

能古島には保育園から小中学校までの子育て環境が整っています。小中学校は少人数制の教育を実施しています。

fery01.jpg

渡船は朝夕は30分に一本、昼夜は1時間に一本の定期便

渡船は本数やダイヤも決して便利とは言えませんが、工夫すれば大丈夫。ご通勤の際は朝夕10分の船旅をお楽しみください。四季折々の博多湾の風景を楽しめます。

ishibashi.jpg

お買い物は市街地でまとめ買い。地元の商店も便利です。

島民に長く愛され、利用されている商店には、必要なものが一通り揃っています。対岸の姪浜周辺にもスーパーや電気屋さんもありますので、生活必需品の購入には困りません。

shinryou.jpg

島の診療所には歯医者さんも来てくれます

風邪を引いたり、体調が悪い時は島の診療所を訪ねましょう。定期的に歯科医療さんも来てくれます。大きな病院はありませんが、万が一の緊急の場合は臨時のフェリーやヘリによる搬送も可能です。

friend01.jpg

「なにもない」けど、それもいい。友達が来島しても大丈夫

都会にあるような娯楽施設は存在しません。だけど、能古島には恵まれた自然が存在します。友達を連れて散歩するも良し、海や対岸を眺めながらゆっくりとした時間を過ごす事もお勧めします。

play01.jpg

虫は多いけど、自然がいっぱい。子供の遊び場、散歩のコースに困りません

当然、害虫も存在しますが、夏はカブトムシやクワガタもたくさんいます。季節や時間で表情を変える空や海、遊歩道の雑木林、景色を楽しみ、新鮮な空気の中を味わいながら散歩が楽しめます。